このページのトップに戻る
ご質問・ご相談はお気軽に 088-822-8001
  1. HOME
  2. 写真プリントについて
  3. 写真が切れる現象

お写真が切れる現象について

プリント用紙サイズの縦横比と、写真データの縦横比について

写真が切れる現象は、用紙と写真データの縦横比が異なることによって起こります。

写真データのサイズ(縦横比)に対して、用紙指定(LD、LW。2LDなど)が適切でないと、写真が切れることがあります。
通常、コンパクトデジカメ画像の縦横比は3:4、フィルムは2:3です。デジタル一眼レフは、2:3より若干横長です。LDサイズの用紙はコンパクトデジ カメに対応し、LWは一眼レフに対応する用紙サイズになっています。後者になるほど、長細くなるということです。(一眼レフカメラにも3:4の縦横比で撮 影するものがあります。オリンパスとかはそうです)

ちなみに、カメラの中には、16:9のいわゆるテレビのワイド比率で撮影できるものも多くありますが、この比率ですと、切れずにプリントできる用紙サイズはございません(昔、パノラマサイズがありましたが、小社の本システムでは対応していません)。

 

写真が切れる現象について


他の用紙も比率が違いますので、お手持ちのカメラの設定やご希望の用紙をご確認ください。
写真のサイズにつきましては「プリントサイズ&解像度について」ページをご覧ください。

写真が切れる現象を事前に防ぐには。  ご注文時の確認方法。

ご注文時の確認方法といたしましては、以下の二つがございます。

ご自身で写真をトリミング(切り取り拡大)することができます。

お写真のいらない部分をカットし、必要な部分を拡大して、プリントすることができます。この操作をトリミングといいます。フォトピース!では、ブラウザソフトの画面上でお客様の操作により自由にトリミングできます(たぶん世界初)。

この機能を使っていただいて、選択されたプリントサイズの比率で、写真の切れを確認しながら、写真データをトリミングすることができます。

トリミング方法の説明ページ

ご注文途中の枚数・サイズを指定するページで、確認できます。

ご注文途中の枚数・サイズを指定するページの左側にならぶサムネイルに、プリントされる範囲が、青枠で表示されます。写真をクリックすると拡大確認できます。

青線の枠を確認していただき、写真の必要な部分が切れている場合は、プリントサイズを変更していただくか、トリミングをしてください。

写真が切れる現象についてのお問い合わせが、たいへん増えてきています。
なにとぞ、ご理解の上、お客様の写真データおよびご注文プリント用紙サイズをご確認くださいませ。

 

ノートリミング(全面出し)オプションがございます

「ノートリミング(全面出し)」とは、画像データを切ることなく、全面をプリントし、プリント用紙の余った部分を白く(または黒く)する作業のことです。 余白の寸法指定を承ることはできません。

ノートリミング(全面出し)オプションをご希望のお客様は、ご注文時に「ノートリミング(全面出し)を指定する」というチェックボックスをONにし、写真ファイル名などを「ショップへのコメント欄」にお書き添えください。

  • 価格  -- 加工料として1画像につき160円うけたまわります(プリント料金別)

Menu

close

close