ご質問・ご相談はお気軽に 088-822-8001
  1. HOME
  2. 写真プリントについて
  3. プリンターとペーパー

プリンターとペーパーについて

銀塩プリンターのうんちく。ちょっとさわりだけ。

業務用銀塩写真デジタルプリンタの特徴

  • 業務用銀塩写真デジタルプリンタは、扱うことのできる色空間が、コンピュータのディスプレイより狭いです。コンピュータディスプレイは、通常sRGBの色 空間ですが、業務用銀塩写真デジタルプリンタはその特性上、「鮮やかな赤」方面が狭いです。写真全体で言うと、普通のディスプレイでJPEGファイルの写 真を見たときより、銀塩写真の方が、やや暗めに、特に明るい赤はあせた感じに(良く言うと、しっとりと落ち着いた色に)見えます。
    色空間(Wikipedia)
  • したがって、全体的に色温度が低めで、鮮やかな赤系の色の多いお写真をプリントすると、ディスプレイと比較すると、印象の違ったものになります。
    色温度(Wikipedia)
  • もちろんこれは、あえて比較すると、という意味です。銀塩写真が色あせているという意味ではありません。コンピュータ画面で見たり、家庭用プリンターで印刷したりすると、いつもギラギラした色に見えると思っている方には、銀塩プリントされることをおすすめします。

 

色の置き換えについて

もともと銀塩プリンターは、パソコンのモニターやデジカメが保存する写真データ(sRGB準拠機器)よりも、色の表現領域が狭く、色の置き換えが必須となります。

ただし、モニターでは表現できないけどプリントだと表現できるという色もたくさんあります。よって色の置き換え作業は、単に、豊富な色数を少ない色数で表現するという減色にとどまらず、モニターでは見えない色を引き出すような創造的な作業でもあるのです

また最近の機種では、色調・輝度等の自動補正にも、さまざまなメーカー独自の工夫が凝らされ、年々その性能・仕上がりは向上しています。当社のフォトマイスターの弁によると「すでに人間が手を加えにくい域に達している」とのことです。

このように、家庭用も含めた各プリンターメーカーは、色の置き換えや補正機能に工夫を凝らすことによって、独自性を出しながら、可能なかぎり「綺麗な」写真をプリントするべく、日々技術開発を進めているのです。

そんな中で、フォトピース!が選んでいるプリンターは、こちらです↓↓↓

フォトピース!の業務用デジタル銀塩プリンター

ノーリツ鋼機(株) QSS-3502PLUS

QSS-3202SD

  • 解像度:主走査300dpi/副走査600dpi
  • 最大処理枚数:1200枚/時
  • 露光エンジン:レーザー露光

イメージデータを300dpiの高画質で鮮明な銀塩プリントに再現する高性能レーザーエンジン搭載。 レーザーエンジンは、富士フイルム株式会社との共同開発になっており、新生ノーリツ鋼機の象徴でもあります。

ノーリツ鋼機が独自に開発した、視覚そのままの自然な美しさを簡単に表現できる画像処理技術 「AccuSmart」を搭載。あらゆる入力ソースをイージーオペレーションで補正し、デジタルならではの超高画質プリントを実現します。

「AccuSmart」などの機能により、デジタルデータのプリントの性能にさらに磨きがかけられ、現在最高峰の自動補正処理性能を持ったプリンターです。

ノーリツ鋼機(株) QSS-3704HD

QSS-3202SD

  • 解像度:主走査640dpi/副走査640dpi
  • 最大処理枚数:900枚/時
  • 露光エンジン:レーザー露光

ノーリツ鋼機(株)ホームページ(外部リンク)

フォトピース!のペーパー

富士フイルム社の銀塩ペーパーです。フォトピース!では、デジタル専用ペーパーを使用しています。

FUJIFILM Fujicolor Crystal Archive Paper 【裏面:ロゴ印字等】


テクニカルデータシート(English)

写真館フォトピース!の徹底された品質管理

銀塩写真は、化学反応!?

パティシエの妻曰く、「お料理やお菓子作りは、科学反応」なんだそうです。科学反応の見極めが、料理の腕前。熱しすぎたり、分量を間違えるなんて言語道断、っていうことでしょう。たしかに「やりすぎて」美味しい料理ができた試しがありません。

実は、銀塩写真も同じです。写真の銀塩プリントは、化学反応です。お天気・気温・湿度などなど、ちょっとしたことで、仕上がりに差が出てしまいます。つまり、プリンターはいつも元気、化学薬品はいつも新鮮でなければならない、それを微調整することが大切なのです。

 

プリンター、薬品、ペーパーの品質管理を徹底的に行っています

ですから、まず一つ目の綺麗な写真をプリントするポイントは、「プリンターと化学薬品の質を高く保つこと」なのです。

これは当たり前のようなことですが、なかなか難しいことです。写真館フォトピース!は創業以来80年間蓄積された写真にかんする知識を使いながら、デジタル銀塩プリンターの特性にあわせたメンテナンスを定期的に行っています。

 

そのメンテナンス内容の一部をご紹介します

デイリーセットアップ

「デイリーセットアップ」とは、気温等の外部環境の変化によって発生する薬品やレーザの経時変化を適正な値に戻す調整です。通常一日に一度の「デイリーセットアップ」を、一日に数回行っています。額面通り受け取ると「デイリー」なので、一日に一回やればいいようなものですが、一日の内にも、薬品の温度が変わったり大量の枚数をプリントしたりで、結構プリンターの発色が変わってきます。

そのような時、すかざす「デイリーセットアップ」です。紆余曲折あってマゼンダがかったり黄色っぽくなったりした補正値を基準値に戻します。

デイリーセットアップ

乳剤ナンバー変更

「乳剤」とは、ペーパーの中に塗り込まれている発色する薬品のことです。銀塩写真の「銀塩」のことです。

ペーパーには出荷されたロットによってペーパーのロール一つ一つに「エマナンバー(EM No.)」というシリアルナンバーがふられています。つまり、同じペーパーでも薬品の質が少しずつ異なるということです。ちなみに、同じロットのペーパーでも、保存方法やプリント時の温度によって写真の色は変わります。

「乳剤ナンバー変更」とは、ペーパーが持っている薬品の情報が変わるごとに、プリンターの発色設定を微調整することを言います。フォトピース!では、ペーパーのロール(ペーパーの大きさ・種類など)を変えるたびに、毎回「乳剤ナンバー変更」を行っています。

デイリーセットアップでプリンターの基準値に戻された補正値を、「乳剤ナンバー変更」でペーパーとのマッチングもおこない、さらに安定させます。

ケミカルフィルターの交換

プリンターの中の発色を促したり、コントロールしたりする薬品中の不純物(ゴミやホコリ。ほとんど紙の粉です)を取り除くフィルターがあります。それを2週間に一度掃除、月に一度交換しています。

化学反応のムラがなくなり、本当に一皮むけたように、バキッとクリアな画質になります。

ケミカルフィルターの交換ケミカルフィルターの交換

「校正プレート」のメンテナンス

「校正プレート」とは、プリントの色味を毎回同じように出力するために必要な基準色を塗られた板です。黒と白のマークが塗られており、プリンタは写真の黒い部分をそのプレートの黒に、写真の白い部分をそのプレートの白にあわせるように出力します。いわゆるキャリブレーションというやつです。

この校正プレートが汚れてしまうと、即座にプリント出力に影響が出てしまいますので、週に一度しっかりと掃除をするようにしています。

校正プレートのメンテナンス校正プレートのメンテナンス

 

ちょっと「過剰な」メンテンス??

このような「少々過剰」とも言えるような徹底した品質管理が、フォトピース!の写真が綺麗な理由の一つと言えます。

 

フォトピース!へのご注文の「裏技」

上記のように、ケミカルフィルターのメンテナンスは、毎月第一日曜日の夜にフィルターの交換、第三日曜日の夜に掃除をしています。校正プレートの掃除は、毎週日曜日の朝にしています。

したがいまして、最も美しいプリント結果が得られるのは、その翌日の月曜日の朝です(第一月曜日とはかぎりません!)。

どうぞ、日曜日の深夜にご注文くださいませ。

 

ペーパーもいつも「新鮮」!

ペーパーも化学製品です。古くなっていたり環境の悪い場所に保管したりすると、写真の美しさにたいへん影響します。写真館フォトピース!では毎日数万枚の写真をプリントしていますので、いつも新鮮なペーパーを使用しています。

 

フォトピース!のプリンター&ペーパー

ノーリツ鋼機(株)ホームページ(外部リンク)

 

このページのトップに戻る

Menu

close

close